ニュースリリース

2007年

各種ボタンについて 印刷する


「日本の男よ、ためらうな」
現代社会における、全ての日本の男性へおくる、新しいコカ・コーラ
‘本当の味。なのにシャープな糖分ゼロ。’
「コカ・コーラ ゼロ」誕生
         ● 6月4日(月)全国で発売開始
         ● 新TV-CM「ゼロ侍登場」篇 6月6日(水) オンエア開始
           新TV-CM「新クールビズ」篇 6月15日(金)オンエア開始

2007/06/04

 コカ・コーラシステムは、味・糖分・カロリーの全てに妥協を許さない男性のための、糖分ゼロのコカ・コーラ、「コカ・コーラ ゼロ」を6月4日(月)から全国で新発売いたします。「日本の男よ、ためらうな」と「本当の味。なのにシャープな糖分ゼロ。」をコピーに、新広告キャンペーンを大々的に展開してまいります。


「コカ・コーラ ゼロ」広告キービジュアル


<3つの色のコカ・コーラ、トレードマークとして更に拡大>
 日本のコカ・コーラシステムは、世界中で120年以上にも渡り愛されている「コカ・コーラ」と、今年4月2日に新しく生まれ変わり、そのスタイリッシュなイメージと軽い味わいで20代女性を中心に支持を集める「ノーカロリー コカ・コーラ」に加え、大人の男性をターゲットとした第3のコカ・コーラ製品「コカ・コーラ ゼロ」を発売することで、炭酸飲料市場におけるシェアをさらに拡大してまいります。


<コカ・コーラと同じ味、なのに糖分ゼロのコカ・コーラ ゼロ誕生>
 「コカ・コーラ ゼロ」は、20〜30代の男性をメインターゲットとした、新しいコカ・コーラです。コカ・コーラ本来のしっかりとした味わいと、シャープで力強い炭酸の刺激はそのままに、糖分ゼロで、日常生活で糖分やカロリー摂取にためらいを感じている男性にも、躊躇なくお楽しみいただけます。力強さとシャープさを象徴する「黒」をベースにしたパッケージグラフィックが、「コカ・コーラ ゼロ」の世界観を表現しています。


<“ためらわない男”の象徴、“侍”を起用した広告キャンペーン>
 現代の日本の男性たちは、その多くが、社会に自分が飼いならされていく不安をかかえており、本来の男としてシャープでありたいという願望を抱いています。彼らにとってのシャープさとは、自分の中の直感を信じ、ためらいなく大胆な行動に移すことであり、“侍”は、まさしく“ためらわない確固たる意志と決断力、品格を兼ね備えている男”の象徴です。
 日本刀を手に、スーツを身にまとい、「コカ・コーラ ゼロ」の500mlペットボトルの“ちょんまげ”スタイルと、キリッとした表情が印象的な「コカ・コーラ ゼロ 侍」は、現代社会における“決断力のあるシャープな男”を象徴しています。
 「コカ・コーラ ゼロ」のキャンペーンは、6月6日(水)から全国でオンエアを開始する新TV-CM「ゼロ侍登場」篇、6月15日(金)からオンエアを開始する「新クールビズ」篇を始めとするTV-CMシリーズ、雑誌広告、屋外広告、店頭POP、WEBなどに登場いたします。
 TV-CMでは、日常生活において、ためらいや遠慮が先立ち、自分がよしと思う行動や発言を積極的に起こせない状況下でも、自分の考えや直感を信じてすぐに行動を起こす「コカ・コーラ ゼロ 侍」の姿を通して、「日本の男よ、ためらうな」というブランドメッセージを広く伝達してまいります。 また、WEB・モバイルサイトでは、TV-CMストリーミング配信、オリジナルダウンロードコンテンツなど、WEBだけでしか体験できないコンテンツの展開を予定しております。


<大規模なサンプリング活動の実施;マクドナルドとコラボレーションサンプリング他>
ためらわない男性に向け、200万本以上の大規模なサンプリング活動を全国で実施いたします。その一環として、全国1200店舗のマクドナルドドライブスルーにて、11:00PM〜5:00AMの時間帯に利用されたお客様(*)に100万本を無料配布します。その他にも、 全国主要都市にて20代〜30代男性が集まるエリアを中心に大規模サンプリングを順次展開いたします。
*)6月14日11:00PMから6月30日5:00AM まで。ドライブスルー利用の車1台につき160ml缶1本を進呈。

 コカ・コーラシステムでは、本当の味なのにシャープな糖分ゼロの「コカ・コーラ ゼロ」は、ためらわないシャープな男たちの飲み物であり、現代における日本の男性を応援する新しいブランドであることを訴求すべく、多面的に活動を展開してまいります。



<新TV-CM「ゼロ侍登場」篇 ストーリー>
漆黒の空間の中に浮かび上がる、未知の物体。
見慣れたコカ・コーラの形をしているが、ラベルがなぜか「赤」ではなく「黒」。
そう、それは日本初上陸のまったく新しい炭酸飲料、コカ・コーラゼロ。
突然、闇に閉ざされた空間が広がる。
なんと、それは、ブラックスーツに身を包んだ侍の“ちょんまげ”だったのだ。
侍の目の前には、夜明け前の誰もいない静ひつな浜辺。
波の妖艶な動きが何かの予兆を感じさせる。
これからの日本にいったい何が起ころうとしているのか。
閉塞状況が続く世の中に、彼はどんなアクションを起こそうとしているのか。
再び侍にズームアップ、彼の何事にもためらわない強い視線が、見る人を釘付けにする。
そして腰の刀を抜き、空に向けて、その刃を放つ。
「日本の男よ、ためらうな。」


<新TV-CM「ゼロ侍登場」篇(15秒) ストーリーボード>


<制作エピソード>
 深夜、某月某日のとある海岸。夏も近いというのに、かなり肌寒い。普段であれば誰もいないはずの浜辺に、大勢の人間がせわしなく徘徊しています。CM監督の指示に従って、撮影スタッフがクレーンカメラ機材の最終チェックをしているのです。傍らでは、ヘアメイク班が侍役のモデルに、今日のために特注した「コカ・コーラ ゼロ かつら」をセット。頭部サイズ、ミリ単位で計測しただけあって、ぴったり自然にはまります。実に男前な姿。そして、いよいよ撮影本番です。
 夜明け前の短い時間帯(業界ではマジックタイムという)が撮影の狙いどころだけに、スタッフ一同に緊張が走ります。朝日が顔を見せるまでに、何度も撮影テイクを重ねました。どんな画が撮れたかは、実際のフィルムをご覧ください。
 また、CMの最後の「コカ・コーラ ゼロ」のシズル溢れるカットも今回のこだわり。これは、現在、日本に1台しかない超ハイスピード撮影用カメラ「ファントム」による撮影です。この“スーパーなカメラ”のおかげで、コカ・コーラCM史上最高の製品カットができたと、かなり自慢して、このエピソードを「ためらわず」に終わります。


<新TV-CM「ゼロ侍登場」篇(15秒) スタッフリスト>

広告主 日本コカ・コーラ株式会社
広告会社 株式会社電通
クリエイティブディレクター 今永政雄
企画/コピーライター 神山浩之/東畑幸太/中川英明/塚本裕介
アートディレクター 今永政雄/田中偉一郎
プロデューサー 沼井秀樹/塚原敏子
アカウントプランニング 中村将也/藤井清人/恒松誠一/西村登志郎
河盛練/榎本由樹子
戦略プランニング Linda Kovarik/大西向自(beacon communications)
制作会社 (株)ティー・ワイ・オー 第1プロダクションズ本部 MEGURO2
プロデューサー 福田武志
演出 細野ひで晃
撮影/照明 小池一好
シズル ギブス
スタイリスト 柚木一樹
メイク 崔英敏
かつら 山田かつら
音楽 緑川徹(メロディーパンチ)
出演 YONJI
PM 波岡美裕/冨岡俊宏


<製品概要>
■製 品 名 :コカ・コーラ ゼロ
■品  名 :炭酸飲料
■原材料名 :カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・Lーフェニルアラニン化合物、
アセスルファムK、スクラロース)、香料、保存料(安息香酸Na)、カフェイン
■カロリー :0kcal/100ml
■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税込)
  :1.5LPET/336円、500mlPET/147円、350ml缶/120円、190ml缶/100円
■発 売 日 :2007年6月4日(月)
■販売地域 :全国


「コカ・コーラ ゼロ」500ml PET/メーカー希望小売価格 147円(消費税込)

ページトップへ