ニュースリリース

2008年

各種ボタンについて 印刷する


祝!50周年記念「ファンタ」
「PLAY!」キャンペーンスタート
 
1:ファンタ学園『先生シリーズ」が復活!
“マジックウィンドウ”をのぞいてみよう!
「ファンタ学園 先生マスコット」を総計24万名様にプレゼント
【応募受付期間:2月18日(月)〜6月30日(月)】
 
2:ファンタ学園 新『先生シリーズ』TV-CM!
『3年AB組 エビさん先生!!』篇・『3年X組 透明先生!!』篇
2008年2月20日(水)より順次、全国オンエア開始

2008/02/12

 コカ・コーラシステムは、1958年の「ファンタ」日本発売開始以来、幅広いフレーバー展開や、遊び心に溢れた消費者参加型キャンペーンを通して、中高生を中心としたティーンに、楽しくポップな世界観をお届けしてまいりました。
 2008年、日本発売50周年を迎えた「ファンタ」は、中高生にとっていつの時代も最も身近な場所のひとつである“学校”を舞台に、ファンタ学園の『名物先生』と生徒との楽しくユーモラスな学校生活をテーマにした、「PLAY!」キャンペーンを展開いたします。

 ファンタ学園『先生シリーズ』は、2002年から2004年の「ファンタ」TV-CMで初めて登場した人気の広告キャンペーンシリーズです。カンフー姿と「アチョー!」の掛け声でおなじみの「ドラゴン先生」や、発言しようと顔を上げた生徒に馬上から「頭が高い!」と注意する「将軍先生」、DJのリズムに乗って授業をする「DJ先生」など、個性豊かな『名物先生』とユニークで軽快なストーリー展開が人気をよび、2002年から3年連続で社団法人全日本シーエム放送連盟(All Japan Radio & Television Commercial Confederation:通称 ACC)のCMフェスティバルで金賞を受賞*1するなど、ティーンだけでなく幅広い世代の方々から高い評価と支持をいただいてまいりました。

 2008年「PLAY!」キャンペーンでは、「ファンタ」50周年にふさわしく、ファンタ学園の初代『名物先生』はもちろん、更にパワーアップした個性派『新・名物先生』が登場する広告キャンペーンやプロモーションを展開してまいります。初代『名物先生』がマスコットやオリジナル携帯コンテンツとして登場する「ファンタ学園『名物先生』グッズ」プレゼントプロモーションは2月18日(月)からスタート、ファンタ学園『新・名物先生』が登場するTV-CMは2月20日(水)から全国でスタートいたします。

*1)ファンタ『先生シリーズ』CM 過去ACC受賞作品
 ■2002年ACC「第42回CMフェスティバル」
  金賞受賞   ファンタ『ファンタ ドラゴン先生/革ジャン先生/劇安先生』篇(*2)
 ■2003年ACC「第43回CMフェスティバル」
  金賞受賞   ファンタ『ファンタ ツッパリ先生/将軍先生/昼メロ先生』篇(*3)
  銅賞受賞   ファンタ『ファンタ 昼メロ先生』篇
 ■2004年ACC「第44回CMフェスティバル」
  金賞受賞   ファンタ『ファンタ 夏休みだよ校長先生』篇

  *2*3)3本シリーズでの出品



■遊び心をカタチにしたパッケージ“マジックウィンドウ”をのぞいて応募しよう!
 「ファンタ学園『名物先生』グッズ」プレゼントプロモーションは、“マジックウィンドウ”付き「ファンタ グレープ」「ファンタ オレンジ」(各500ml PET)を対象に、2月18日(月)より6月30日(月)まで実施する、全国プレゼントプロモーションです。
 “マジックウィンドウ”とは「ファンタ グレープ」「ファンタ オレンジ」のバブルボトルのパッケージラベルに丸く開けられた透明の“窓”のことです。本プレゼントプロモーションでは、製品を飲み終わった後に“マジックウィンドウ”をのぞくことで、“窓”の向こうの「アタリ」「ハズレ」がその場で分かるインスタントウィン方式により、毎月先着60,000名様、総計24万名様に、「ファンタ学園 先生マスコット」をプレゼントいたします。3コ1セットの「ファンタ学園 先生マスコット」は、毎月変わり、なつかしの「ドラゴン先生」、「将軍先生」、「DJ先生」、「ツッパリ先生」など、応募期間を通して全12種類が登場します。
 さらに同パッケージには、ファンタ学園『名物先生』が登場する3コママンガなどを、フレーバーごとにそれぞれ3種類、計6種類展開いたします。買って・見て・飲んで楽しい、「ファンタ」ならではの遊び心をカタチにしたプレゼントプロモーションにどうぞご期待ください。
 また、本キャンペーンサイト(http://www.fanta.jp)およびモバイルサイトでは、毎月更新される「ファンタ学園『名物先生』オリジナル携帯コンテンツ」を、無料で全員にプレゼントいたします。


「ファンタ」は、「PLAY!」キャンペーンを通して、中高生を中心としたティーンを、ポップに楽しく応援し、元気づけるブランドとして、その世界観をお届けしてまいります。

“マジックウィンドウ”付き「ファンタ グレープ」
500ml PET/メーカー希望小売価格147円(消費税込)


“マジックウィンドウ”付き「ファンタ オレンジ」
500ml PET/メーカー希望小売価格147円(消費税込)



■ファンタ学園『新・名物先生』が次々登場!!ファンタ新TV-CMシリーズ第1弾!
 2008年に復活するファンタ学園『名物先生』シリーズのTV-CMでは、「ファンタ」50周年にふさわしく、歴代『名物先生』が更にパワーアップした個性派『新・名物先生』が次々と登場いたします。シリーズ第1弾として、2月20日(水)から『3年AB組 エビさん先生!!』篇、『3年X組 透明先生!!』篇を順次、全国でオンエアを開始いたします。
 『3年AB組 エビさん先生!!』篇では、手がエビのハサミになっている女性教師「エビさん先生」がハサミを振り回すハチャメチャな生徒指導の様子をユーモラスに描きます。また、『3年X組 透明先生!!』篇では、姿の見えない「透明先生」が、授業中にこっそりグラビア誌を読んでいる生徒からグラビア誌を急に取り上げたり、好きな女の子に告白する男子生徒に横槍を入れる様子など、テンポよくかつコミカルに描いています。


「ファンタ」新TV-CM『3年AB組 エビさん先生!!』篇(15秒)ストーリーボード>

「ファンタ」新TV-CM『3年X組 透明先生!!』篇(15秒)ストーリーボード>

「ファンタ」新TV-CM『3年AB組 エビさん先生!!』篇(15秒)撮影エピソード>
 撮影は1月上旬、都内の旧小学校で行われました。「エビさん先生」はその名の通り、赤いトップスに赤いスカート、赤いパンプスという真っ赤な出で立ちに、ワインレッドのメガネ、大きくふくらんだマッシュルームカットの髪の毛、そして巨大なエビのハサミという姿で登場しました。この、本物以上に迫力のあるハサミは、美術スタッフの力作で、プラスチック板を加熱し、スチロールの型に流し込んで固め、鮮やかな赤色で着色したうえに、ローションで艶出しをして丁寧に仕上げており、本物の新鮮なエビのような艶を放っていました。一見大きく重そうなハサミですが、プラスチック製であるため軽く、実際にはゴム手袋のような手触りで、女性である「エビさん先生」にも扱いやすく作られていました。
 このインパクトのある外見に迫真の演技が加わって、「エビさん先生」はまさに鬼教師!廊下や階段で、「エビさん先生」が「こら〜っ!」という怒号を上げながら生徒を追いかけるシーンでは、エビさん先生のあまりの迫力に、演技ではなく本当に転びそうになる生徒が出るほどで、とうとう「エビさん先生」に捕まり、女子生徒のピアスがハサミでチョッキンと切られるシーンでは、「エビさん先生」が女子生徒のセーラー服のリボンを掴んだ瞬間、ハサミの勢いで女子生徒の制服のボタンが外れてしまうというハプニング!さすがに恐縮していた「エビさん先生」でしたが、「これもそのまま芝居に取り入れよう!」との監督の言葉に力づけられて磨きがかかった迫力満点の演技に、撮影後、女子生徒役の子が「こんな先生いたら、たまんない・・・(苦笑)」とボヤくほどでした。
 また、「エビさん先生」のハサミが、男子生徒を追い詰めて捕らえるシーンでは、ハサミがシュッと勢いよく伸びる様子を撮影するため、金属の棒の先に「エビさん先生」のハサミを取り付けた仕掛けを使用しました。安全に撮影するために、まず、本番で壁に押し付けられた男子生徒の首に刺さらないギリギリの位置を確認しハサミをセットした上で、仕掛けをスタンバイ。監督の合図と共に、ハサミのついた金属の棒を一気に男子生徒に向かって押し出すと、勢いよくハサミが飛び出し、シュッ!グサッ!!!男子生徒の顔まで、あとわずか5mmを残して、見事後ろの壁に突き刺さり、その勢いで壁が崩れて粉がパラパラ・・・。もちろん演出のために、わざと壁が崩れるように作ってあったのですが、それを知らされていなかった男子生徒は、壁が崩れるなんてと絶句し、本当に驚いていた様子でした。「エビさん先生」や生徒の迫真の演技と、スタッフの創意工夫により、スリル満点ながらも(?)どことなく茶目っけを感じさせる「エビさん先生」が誕生し、とてもユーモラスなCMに仕上がりました。

「ファンタ」新TV-CM『3年X組 透明先生!!』篇(15秒)撮影エピソード>
 撮影は1月上旬、埼玉県のある河川敷と都内の旧小学校を舞台に、2日間に渡って行われました。初日は朝の7時台から、まだあまり日の出ていない寒空の下、河川敷で撮影がスタートしました。今回の先生は“透明”。透明人間を映すため、「透明先生」には、顔まですっぽり覆った緑色の全身タイツに、オレンジ色にゴールドとシルバーの派手な刺繍のネクタイを締めて、撮影に臨んでもらいました。緑のタイツ部分は後から合成で「透明」に加工し、ネクタイだけを見えるようにして、「透明先生」にするのです。
 まずは、派手なネクタイを締め、ショルダーバッグを肩にかけながら土手を自転車で走ってくる「透明先生」に、生徒が投げた石が命中して先生が「いてっ!!」と叫び、自転車ごと、横に倒れるシーンから撮影しました。しかし、撮影時には、実際に石をぶつけるわけにはいかないので、透明先生の一人芝居となりました。箱や中身の入った大きな袋などの障害物を積み上げておき、自ら自転車で衝突して倒れるという、まさに体当たりの演技!「透明先生」の顔まで覆われた緑のタイツは、目の位置にごく小さな穴が開けられていたそうですが、演技中は布がズレやすく、あまりよく見えなかったそう。映像では、自分が周りから見えなくなっている「透明先生」ですが、撮影の際は逆に障害物のほうが見えなくて苦労したようでした。完成したCMでは、先生の姿は透明のため見えませんが、自転車の横転や声から「透明先生」の迫真の演技をお楽しみください。

「ファンタ」新TV-CM『3年AB組 エビさん先生!!』篇『3年X組 透明先生!!』篇スタッフリスト>

●代理店 :(株)博報堂/(株)博報堂クリエイティブ・ヴォックス
●CD :岩本 恭明
:横田 豊
:井村 光明
●CR(プランナー) :神田 祐介
●代理店営業 :松尾 考哲
:高橋 永
●プロダクションプロデューサー :中江 康人 (株)葵プロモーション
:久保田 修 (株)葵プロモーション
:山田 博之 (株)葵プロモーション
●ディレクター :永井 聡
●PM :松田 光平 (株)葵プロモーション
●撮影 :町田 博
●照明 :平野 竜司
●美術 :高嶋 俊彦
●CG :プラチナミサイル
●音響効果 :横山 欣也


「ファンタ学園『名物先生』グッズ」プレゼントプロモーション応募要項

応募受付期間
  2008年2月18日(月)〜6月30日(月)当日消印有効
対象製品
  “マジックウィンドウ”付き「ファンタ グレープ」「ファンタ オレンジ」500ml PET
応募方法
  対象のマジックウィンドウ付き「ファンタ グレープ」「ファンタ オレンジ」500ml PETのパッケージ裏側に「アタリ」の文字が出たら、「アタリ」の部分をはがし、通常ハガキに貼ってご応募ください。ハガキに、氏名・住所・電話番号・年齢・性別・職業・e-mailアドレスを記入の上、パッケージ裏面に記載された応募宛先までご郵送ください。2月から5月の各月先着6万名様に「ファンタ学園 先生マスコット」をプレゼントいたします。なお、お一人様で複数回「アタリ」が出た場合には、「アタリ」の回数に応じて何回でもご応募いただけます。
応募宛先
  〒119‐0202 新東京郵便局 私書箱99号
「ファンタ学園『名物先生』グッズ」プレゼント係
お問い合わせ先
  0120-084-509(10:00〜18:00 土日祝日を除く)
キャンペーンサイト
  http://www.fanta.jp
当選発表・発送
  各回応募者数が6万名様に達し、応募受付を終了した場合は、本キャンペーンサイト(http://www.fanta.jp)およびモバイルサイトにて公表いたします。当選者の発表は、景品の発送をもってかえさせていただきます。

<注意事項>
景品は2月、3月、4月、5月の各月で変わり、計4種類になります。
受付開始は次の4回になります。
第1回受付開始:2月18日、第2回受付開始:3月1日、
第3回受付開始:4月1日、第4回受付開始:5月1日
本プレゼントは各回先着6万名様のご応募をもって終了とさせていただきます。
対象製品がなくなり次第終了します。
応募受付が終了した場合は、キャンペーンサイト(http://www.fanta.jp)、およびモバイルサイトにて公表させていただきます。
当選された方への景品のお届け時期は、応募時期によって異なります。
応募受付期限を過ぎたものは無効です。
「アタリ」の部分は剥がれないようにテープなどでハガキにしっかり貼り付けてください。「アタリ」の部分がないものは無効となります。
必要事項は必ずご記入ください。記入漏れがある場合は無効となります。
ご当選の権利の譲渡、換金はできません。
ご記入いただいた個人情報は、本キャンペーンの賞品の発送目的以外の用途には使用いたしません。個人情報のお取り扱いに関しては、日本コカ・コーラ(株)ホームページ上のプライバシーポリシーをご覧ください。(http://www.cocacola.co.jp/

ページトップへ